良い姿勢=骨盤と周囲の体幹深層筋

こんばんは

明石市 西新町メディカルリラクゼーションサロン

Paramedic(パラメディック)

あぐいん たくやです

 

今日も夜分遅くに失礼いたします。

最近私も体幹トレーニングに非常に力を入れています。

30歳手前になり筋肉、筋力ともに低下を感じる今日この頃・・・(笑)

改めて将来のことを見越して体幹トレーニングをしっかりと取り組んでいこうと感じました。

このブログの内容にも体幹のことはたくさん書いています。

少しでも皆様の役に立てるよう、どんな情報でも伝えていきますので根気よく読んでくださいね(笑)

 

姿勢が悪いのは腹直筋と背筋のの筋力不足が原因だ。

このような話をよく聞かれたことはありませんか??

腹直筋と背筋をバランスよく鍛えたらいいという話も耳にタコができるくらい聞いてきたと思います。

姿勢で大事なのは骨盤とその周囲の筋肉です。

骨盤の後ろにはハムストリングス(太ももの後ろの筋肉)

前には大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)がくっついています。

それぞれが膝にかけて延びていますが、この筋肉の柔軟性がないと骨盤を引っ張る形になってしまいます。

それにより骨盤の後傾、または前傾に繋がってしまいます。

また、骨盤の上にある腹直筋。

この筋肉が骨盤をその人にとって最適な位置に安定させる役割を担っています。

さらにここ最近の私のブログによく登場する、脊椎の周りにある「多裂筋」

骨盤に安定に欠かせない要素だと考えています。

脊椎=首から腰にかけて通っている背骨のこと。

この脊椎は「頸椎」「胸椎」「腰椎」で構成されています。

この骨はS字カーブを描くことで重力や負荷に対するクッションの役目をしています。

脊椎と多裂筋の状態は骨盤の向きにも大きく影響します。

 

背中が丸くなることなく背筋がピン伸び腰が高い位置にある。

良い姿勢とはこんなイメージがないでしょうか??

しかしそうはうまくいきません。

まずは自分の姿勢のクセを発見し、それを改善するための方法を実践することをお勧めします。

鏡に向かって横に立ち、無理に姿勢を正そうと考えず自分なりの普通の姿勢で立ってみましょう。

背中が丸くなる、頭が前に出て骨盤が後傾してしている人は「猫背」

胸はしっかり張っていたとしても骨盤の前傾で腰が反っている人は「反り腰」

ちなみに私は「反り腰」の部類に入っています。

だから腰痛になりやすい体なんだろうと考えています(笑)

あなたはこの二つの姿勢、どのタイプに当てはまりますか??

 

 

 

メディカルリラクゼーションサロン Paramedic(パラメディック)

住所
673-0029
兵庫県明石市大道町2丁目3-17
アクセス
「明石駅」より徒歩20分
「西新町駅」より徒歩10分

TEL 080-6339-7984
営業時間 09:00~20:00
お休み 不定休

当店ホームページはこちら
http://paramedic1203.com/

当店Facebookはこちら
http://on.fb.me/1Jrcs5A