女性の悩みには骨盤トレーニング

こんにちは

兵庫県明石市のメディカルリラクゼーションサロン

Paramedic(パラメディック)

あぐいん たくやです

 

今日は垂水のスターバックスからブログを更新中(笑)

兵庫県明石市は今日も気温がグングン上昇中!!

最高気温は33度まで上がるようですね。

私もお昼頃から家を出ましたが本当にうだるような暑さです。

一昨日はこの気温の中ランニングをしました。

暑すぎて逆にテンションが上がりましたね(笑)

皆さんは熱中症には十分気を付けてくださいね。

IMG_1988

 

今日は女性の悩みについてです。

ポッコリお腹、便秘、尿漏れ、姿勢が悪くなるなどと女性が抱えるたくさんの悩みは骨盤周辺で起こっていることが多いです。

最近は骨盤トレーニングの一つとして、「骨盤底筋群」を鍛えるトレーニングが広く浸透してきています。

「骨盤底筋群」はその名のとおり骨盤の下についています。

また体幹を安定してくれる役割を持つ筋肉です。

この筋肉は女性ホルモンの低下と同時に緩んできます。

「骨盤底筋群」が緩んでしまうと先ほど挙げた症状が出やすくなってきます。

 

話だけ聞いてみるとこの「骨盤底筋群」のトレーニングは万能なトレーニングではあるが、実はこの筋肉だけを動かすのは本当に至難の業になる。

「骨盤底筋群」を動かしているつもりでも関係のない周辺の筋肉を使ってしまいます。

そもそも周辺の筋肉を使っていたりします。

特にこのブログでもよく出てきますアウターマッスル(お尻の筋肉、太ももの筋肉)。

この筋肉とうまく連動させて動かすと効果的なのですが、アウターマッスルの筋力や柔軟性が低下しているとそこばかりに意識が行き過ぎて肝心の「骨盤底筋群」は動かない。

そこでまずは自分の体の構造を知ることから始めましょう。

日ごろから意識的に「骨盤底筋群」を動かしておくことが大切になります。

そうすることにより「骨盤底筋群」を正しく動かすことができます。

 

「骨盤底筋群を締めてみましょう。」

そう言われてお尻をキュッと締める人は実は多い。

「骨盤底筋群」は肛門と膣と尿道にまたがってついています。

女性の場合、膣を意識してより「骨盤底筋群」を鍛えることができます。

お尻を締めることだけでは外側の大殿筋や中殿筋、骨盤底筋群はいまいち反応しない。

膣を締めるイメージが分からない人はタオルやボールを挟んだり、ちつトレグッツを使ってみるとイメージがわきやすくなります。

女性の悩みを解決するためにも一度お試しください。

 

 

 

 

 

メディカルリラクゼーションサロン Paramedic(パラメディック)

住所
673−0870
兵庫県明石市朝霧南町4丁目2−39
アクセス
「明石駅」より神姫バス13分、
「朝霧駅」より神姫バス17分、

TEL 078−585−8830
営業時間 10:00~20:00
お休み 木曜日 (臨時で日曜日休業あり)

当店Facebookはこちら
http://on.fb.me/1Jrcs5A