ストレスに効くのは横隔膜を使う呼吸を・・・

こんばんは

明石市 西新町 メディカルリラクゼーションサロン

Paramedic(パラメディック)

あぐいん たくやです。

 

皆さん

野球の国際大会「ワールドベースボールクラシック」ご覧になられましたでしょうか??

4年に1度の世界大会。

今日も非常に興奮しながらテレビにかじりつきながら見ていました(笑)

今年は日本代表「侍ジャパン」

下馬評では非常に弱いという報道がありましたがなんと2連勝!!

野球好きにとっては非常にうれしい結果になりました。

中田翔・・・やっとホームラン出ました!!

本人はバットの先っぽでしたと言っていましたがあの強烈な打球!!

筒香・・・2試合連続でのホームラン!!

インコースを肘をうまくたたんで軸で回るバッティングでした。

これで2次ラウンド進出ほぼ決定にはなりましたが、明後日の中国戦も快勝で2次ラウンド進出したいですね。

目指せ世界一!!!!

2017021600061_1

 

さて

今日のテーマは「ストレス」「横隔膜」「呼吸」

この3つです。

お腹を膨らませながらゆっくりと息を吸い、お腹を凹ませながら吐く。

深い腹式呼吸を意識的に行うと、普段よりも横隔膜が上下に動く幅が大きくなります。

横隔膜が大きく動くとその周辺にある神経叢が刺激され、自律神経の活性化にも繋がっていく。

 

スマートフォン、パソコンを集中して作業をしていると知らないうちに姿勢は前かがみになり

呼吸は浅くなり早くなっていきます。

浅い呼吸を長時間続いてしまうと、交感神経が優位に立ってしまいます。

次第に自律神経のバランスが崩れてしまいます。

そうならないためにも意識的に腹式呼吸を行い、深い呼吸をしていきます。

そして横隔膜を大きく動かすことが必要になります。

 

日常的にストレスを感じている人は意識的に横隔膜を動かすことが大切です。

緊張したり、ストレスにさらされると交感神経が過度に高まります。

そして、自然と呼吸が浅くなり早くなります。

ゆっくり長く吐く呼吸をすることにより横隔膜を介して副交感神経に刺激を受けます。

その結果、自律神経のバランスが整うことができます。

横隔膜を大きく動かす深い腹式呼吸は、自律神経のバランスを整えるためのマッサージのようなものです。

意識して深い呼吸をすることが心身のメンテナンスになります。

現代はストレス社会です。

ストレスを抱えている人はたくさんいます。

今このブログを見ているストレスを抱えている人はすぐに深い腹式呼吸をしてみませんか??

 

 

メディカルリラクゼーションサロン Paramedic(パラメディック)

住所
673-0029
兵庫県明石市大道町2丁目3-17
アクセス
「明石駅」より徒歩20分
「西新町駅」より徒歩10分

TEL 080-6339-7984
営業時間 09:00~20:00
お休み 不定休

当店ホームページはこちら
http://paramedic1203.com/

当店Facebookはこちら
http://on.fb.me/1Jrcs5A