脂マネジメントで自分自身を磨こう

こんにちは

明石市 西新町 メディカルリラクゼーションサロン

Paramedic(パラメディック)

あぐいん たくやです。

 

第89回選抜高校野球

福岡大大濠×滋賀学園

1-1の白熱した試合ですが、なんと再試合になりました。

すごいですよね。

両チームのピッチャーは制球もよく、その結果投手戦になりました。

この試合は明日の第4試合になりましたが両チームとも疲労困憊でしょうね。

再試合は一日試合空けてあげてもいいんじゃないかと思いますけどね(笑)

ピッチャーの球数の多さも今や非常によくないし、選手生命も削ってしまいます。

しかし、そんなことも言ってられないのですかね。

両チームとも負けてほしくはないですが、両チームとも頑張りましょう。

 

さて

今回のテーマは

「脂マネジメントで自分自身を磨こう」

質問です。

レトルトのビーフカレー、冷凍ハンバーグ、シュークリーム、クラッカー、

脂質が多く含まれているのはどれでしょうか。

正解はハンバーグとクラッカーです。

100g当たりに換算するとハンバーガーは約13g

クラッカーには100g当たり23gの脂質が含まれています。

シュークリームやビーフカレーのおよそ2倍の量になります。

すごい意外な量ですね。

気が付かないうちに我々は油まみれの食生活になっているのかもしれません。

 

隠れ脂に注意しないといけません。

たんぱく質、炭水化物、そして脂質は三大要素として欠かせないものになります。

総エネルギーに占める割合はそれぞれ13~20%、50~65%、20~30%が望ましいといわれています。

ところが脂質の摂取量は男性では上限ギリギリ、女性は30%を超えてしまっています。

その理由として、働く世代では素材を入手して調理する機会が少ないため、脂質を摂っている感覚が薄い。

また特に女性では揚げ物や肉類など、いかにも脂質が多く含まれていそうな食べ物は避ける傾向があります。

しかしパン類、菓子類にはたくさんの脂質が入っており、知らずにとっている可能性があります。

昨今の食生活ではまず脂の存在を意識することが大切になります。

 

脂質は生活習慣病など健康を脅かす可能性が高めることから、摂り過ぎには注意が必要になってきますが

不足してもやはりリスクが伴う。

具体的には血管や細胞膜が弱くなったり疲れやすく、また集中力の低下や髪の毛や肌が乾燥気味になります。

だから、過不足なく適切な摂り方を知ることが大切な脂との付き合い方になる。

 

※次のブログに続く。。。。。

 

 

メディカルリラクゼーションサロン Paramedic(パラメディック)

住所
673-0029
兵庫県明石市大道町2丁目3-17
アクセス
「明石駅」より徒歩20分
「西新町駅」より徒歩10分

TEL 080-6339-7984
営業時間 09:00~20:00
お休み 不定休

当店ホームページはこちら
http://paramedic1203.com/

当店Facebookはこちら
http://on.fb.me/1Jrcs5A